Harikae

Space nature : 2021SS

A world of openness seen from restrictions

A world of openness seen from restrictions
At 21SS, I imagined a collection where a certain restriction would lead to the next opening, as if I imagined a landscape far from a nearby landscape.
In addition to the graphic work, we made some changes by processing the fabric and shape close to the limit.
In the material making, we made a fabric that gives a three-dimensional look due to wrinkles by washing out the polyester fabric after processing it hard. By using this material for shirt coats and skirts with a tailor motif, we have created a unique finish that is wrinkled while being tailored. I put the expression of the moon and the cosmic atmosphere in the look.

制限から見えた開放の世界
21SSでは、近くの風景から遠くの風景を想像したように、ある制限が次への開放につながるような世界、そんなコレクションをイメージしました。
グラフィックワークに加え、生地や形に対し制限に近い加工をすることで、いくつかの変化を与えました。
素材づくりでは、ポリエステル生地を硬く加工した後に洗い出すことで、シワによる立体的な表情が生まれるファブリックをつくりました。テーラーをモチーフにしたシャツコートやスカートにこの素材を採用することで、テーラーでありながらシワ感のある独特の仕上がりとしました。そのルックに、月面の表情や宇宙的な雰囲気を込めました。

In the pleated knit series, we made tops and skirts with vertical pleats and horizontal pleats slightly offset from the front center. In addition to the vertical direction, pleating is performed in the horizontal direction to create a silhouette that moves against gravity. The lightness of the polyester material, which is not like a knit, emphasizes the presence of horizontal pleats that oppose gravity.

プリーツニットのシリーズでは、縦方向のプリーツと横方向のプリーツを前中心から少しずらして重ねたトップスとスカートをつくりました。縦方向に加え、横方向にプリーツ加工することで重力に反した動きのあるシルエットとしました。ポリエステル素材によるニットらしくない軽さが重力に反する横プリーツの存在を際立てます。

In the cotton silk shirt, the ribs are stretched to the placket so that the left front body is pulled when molded, giving it a unique wrinkled shape. The front body, which has different lengths and shapes on the right and left, gives variations to the way the buttons are fastened, creating an unusual comfort and balance.

コットンシルクのシャツでは、リブを前立てに伸ばし付けすることで、成形した際に左前身頃が引っ張られ、シワの寄った独特のフォルムとしました。右と左で長さと形が異なる前身頃は、釦の留め方にバリエーションを与え、普通とは異なる着心地とバランスをつくっています。

The denim dress has a yellow print fabric that peels off so as to traverse the front and back of the body, and can be opened and closed with a zipper. The normal opening and closing position of the fastener is the same height on the left and right, but by setting the opening and closing position to different heights on the left and right, browsing is created on one side and a three-dimensional silhouette is created on the waist part.

デニムドレスは、イエロープリントの生地が前後の身頃を縦断するように剥がれ、ファスナーによる開閉が可能なつくりとしています。通常のファスナーの開閉位置は左右ともに同じ高さとしますが、開閉位置を左右で異なる高さにすることで、片側にブラウジングが生まれ、ウエスト部分に立体的なシルエットをつくりました。

We made four holes in the 150cm square nature print fabric. As a poncho, I made it so that the neck and arms can be passed through three of these four holes so that various styling is possible. In the pareo, four holes on both sides and back create a three-dimensional silhouette. Furthermore, in rolled skirts and stoles, these four holes are the elements that create a free styling and a unique silhouette with fluctuations.

150㎝角のネイチャープリントの生地には、4つの穴をつくりました。ポンチョとしては、様々なスタイリングが可能なように、この4つの穴の3つに首と腕を通すつくりとしました。パレオでは、両サイドとバックに空いた4つの穴が立体的なシルエットをつくります。さらに巻きスカートやストールにおいても、この4つの穴が自由なスタイリングと独特のゆらぎのあるシルエットをつくる要素になっています。

In 21SS, designs and construction methods that give certain restrictions, such as prints depicting imaginary cosmic nature, hardened fabrics, lateral pleats and stretched ribs, and pattern making with multiple holes, etc. doing.
A world where certain restrictions react in a positive direction, which leads to opening up.
Harikae hopes to bring this collection to women who imagine the new freedom of this era.

21SSでは、想像上の宇宙的自然を描いたプリント、硬加工によるファブリック、横方向のプリーツや伸ばし付けされたリブ、複数の穴を開けたパターンメイキングなど、ある制限を与えるようなデザインやつくり方をしています。
ある制限がポジティブな方向に反応し、それが開放につながっていく世界。
Harikaeは、こうした時代の新しい自由を想像する女性へ、今回のコレクションを届けられたらと思っています。