Harikae

Print motif of Philip johnson

Replace the space of light with a plane

The "Sculpture Gallery (1970)", which is the motif of the 2020AW collection, is built in a vast natural environment with a site area of 190,000m2 in New Kanaan near Manhattan.
The site is dotted with 10 buildings, including Philip Johnson's masterpiece, The Glass House (1949).
The Sculpture Gallery is a gallery that houses and exhibits art works owned by Philip Johnson, who was also an art collector.

2020AWコレクションのモチーフになっている「彫刻ギャラリー(1970)」は、マンハッタン近郊のニューカナーンにある、敷地面積19万㎡の広大な自然環境の中に建っています。
この敷地には、フィリップ·ジョンソンの代表作「ガラスハウス(1949)」を含む10もの建築が点在しています。
彫刻ギャラリーはアートコレクターでもあったフィリップ·ジョンソンが所有するアート作品を収蔵·展示するギャラリーです。

This architecture consists of three main elements. White steel pipes that support the glass roof, louvered ceilings with low-temperature lamps, three sharply curved alcoves, and spirally laid brick stairs.
Natural light enters from various angles from the first louver ceiling, and a black parallel image appears inside it, like a zebra pattern.
The second three sharpened alcoves are designed so that each sculpture can be viewed independently.
Philip Johnson talks about the garden space of the Museum of Modern Art, which he once designed.
"The strength of Rodin's Balzac statue overwhelms other sculptures. I don't like the space where duplicate sculptures are exhibited."
Philip Johnson has overcome that problem with this alcove space.
The third spiral staircase space is designed based on Odessa's staircase scene that appears in Eisenstein's movie "Battleship Potemkin". Philip Johnson imagined at least 40 people moving and wobbling there, as opposed to stationary sculptural works.
Possibly, I imagined the lively imagination that was imagined there by superimposing it in a space where black parallel images were constantly changing.

この建築は主に3つの要素で構成されています。ガラス屋根を支持する白い鋼管と低温灯によるルーバー天井、鋭角につくられた3つのアルコーブ、螺旋状に展開する煉瓦造りの階段。
1つ目のルーバー天井からは様々な角度から自然光が入射し、その内部には黒い平行な影像が、ゼブラ模様のように浮かびます。
2つ目の鋭角につくられた3つのアルコーブは、それぞれの彫刻作品を独立して鑑賞出来るように設計されたものです。
かつて自身が設計したニューヨーク近代美術館の庭園空間について、フィリップ·ジョンソンは語っています。
「ロダンのバルザック像の強烈さに他の彫刻が圧倒されている。彫刻作品が重複して展示される空間は好ましくない。」
フィリップ·ジョンソンは、このアルコーブ空間によってその問題を克服しました。
3つ目の螺旋状の階段空間は、エイゼンシュタインの映画「戦艦ポチョムキン」に登場するオデッサの階段シーンを手掛かりに設計されています。フィリップ·ジョンソンは、静止した彫刻作品とは対照的に、そこに最低40人が動き、うごめく姿を想像しました。
ひょっとしたら、そこで想像された生の躍動感を、黒い平行な影像が時々刻々と移り行く空間に重ねて、表現したのかもしれません。

Inspired by the architect Philip Johnson, the 2020AW collection attempted to anchor the space of light, the symbol of this sculpture gallery, on a flat surface.
All of the visible walls and floors, ceilings and stairs, as well as moving images and invisible light, were all dropped into a plane using dyes and lame threads.
If you can feel the texture of the three-dimensional, dynamic space in this plane.

2020AWコレクションでは、建築家フィリップ·ジョンソンに着想を得て、この彫刻ギャラリーの象徴といえる光の空間を平面に定着しようと試みました。
目に見えている壁や床、天井や階段、さらに移り行く影像と目に見えない光といった空間のすべてを、染料やラメ糸を用いて平面に落とし込みました。
この平面の中にある、立体的で動的な空間の手触りを感じて頂けたら。

In addition to the creation of the 2020AW collection, this design has another reason. Philip Johnson is an architect and curator of art. At that time, MOMA introduced Europe's modernism to the United States, leaving various footsteps connecting art and architecture. We sympathize with Philip Johnson's activities that transcend genres, and we thought about what we could do because Harikae crosses fashion and architecture. It's a trivial effort, but it's a medium different from architectural photography, books, videos, etc., to record and archive the space of this feat in Harikae's way.
I hope that one architecture that has transformed into clothes will continue to exist as a new use that connects the past with the present or the future.

このデザインの意味するところは、2020AWコレクションの創作に加え、もうひとつ理由があります。フィリップ·ジョンソンは建築家でありながらアートのキュレーターであり、当時、MOMAでヨーロッパのモダニズムをアメリカに紹介し、アートと建築を繋ぐ様々な足跡を残しています。私たちはジャンルを越えていくフィリップ·ジョンソンの活動に共感し、ファッションと建築を横断するHarikaeだから出来ることを考えました。それは取るに足らない小さな取り組みなのですが、建築写真や書籍、映像等とは異なるメディアで、この偉業の空間をHarikaeなりに記録しアーカイブすることです。
服に姿を変えたひとつの建築が、過去と現在あるいは未来をも繋ぐ、新しい用途として生き続けてほしいと思っています。