Harikae

Fabric image : 2020AW

Mixing colors in the light

It may be a little exaggerated, but the origin of optics lies in astronomy, biology, mathematics, politics, philosophy, etc., built by Socrates, Plato, Aristotle and others in the 3rd century BC.
Among them, Aristotle thought that "mixing light and darkness produces various colors."

Luis Khan, a modern architect and touted philosopher of light, said, "Taking care of silence and light at the root of all things." I tried to build a world of only essence wrapped in light and darkness.

少し大袈裟かもしれませんが、光学の起源は、紀元前3世紀、古代ギリシャ時代のソクラテス、プラトン、アリストテレスらによって築かれた天文学、生物学、数学、政治学、哲学等の中にあります。
その中でアリストテレスは、「光と闇の混合によって様々な色が生じる」と考えていました。

また、近代の建築家で光の哲学者と謳われたルイス·カーンは、「あらゆる事物の根源に沈黙と光明を看取する」と言い、すべての事象をその起源に遡って捉え、「始原の光と闇に包まれた本質のみの世界」を構築しようとしました。

While capturing light philosophically, modern science has found that light has the properties of particles and waves, and the color visible to humans lies between the wavelengths of 380 and 780 nanometers. During this period, colors from purple to red are connected, and ultraviolet rays, infrared rays, X-rays, and γ-rays exist outside the range.

光を哲学的に捉える一方で、現代科学では、光は粒子と波の性質をもち、人の目に見える色は波長380~780ナノメートルの間に存在することがわかっています。この間に紫から赤までの色が連なり、その範囲の外側に紫外線や赤外線、X線やγ線が存在しています。

The colors we see are manifested in that the surface of an object reflects only certain colors and absorbs others. The various colored mirror patterns of the 2020AW are created by fixing multiple light reflected from multiple objects to a mirror body with unevenness. Mix the wavelengths of each object in the reflected light. It is an attempt to create colors and patterns by mixing RGB, which is said to be the three primary colors of light, in an analog fashion, or by mixing paints made of light.
It may be said that Aristotle's idea of "color is created by mixing light", which was conceived from a philosophical perspective, can be said to be embodied from the perspective of modern science.

私たちの目に見えている色は、物の表面が特定の色のみを反射しそれ以外の色を吸収することで現出しています。2020AWの様々に色づいたミラー柄は、複数の物体に反射した複数の光を凹凸のあるミラー体に定着させることでつくられたものです。それぞれの物体が備えている波長を反射光の中で混ぜ合わせてみる。それは光の三原色と言われるRGBをアナログ的に混ぜるように、あるいは光で出来た絵の具を混ぜるように色と柄をつくる試みです。
哲学的な視点から発想されたアリストテレスの「光の混合によって色が生まれる」という捉え方を、現代科学の視点から具現化する、とも言えるかもしれません。

Color charts that have been created since modern times output a large number of uniform and unsharpened colors by inputting RGB numerical values.
The 2020AW collection is a non-quantifiable "primitive color pattern" that differs from the color charts created after modern times by tracing a phenomenon like Lewis Khan back to its origin, in this case Aristotle's way of thinking. Is aimed at.
It's a primitive, non-reproducible, one-record-like fabric that shaped the moment you are seeing right now.

近代以降に生まれたカラーチャートはRGBの数値入力によって均一でぶれのない数多くの色を出力します。
2020AWコレクションは、ルイス·カーンのようにある事象をその起源、今回で言えばアリストテレスの考え方に遡ってみることで、近代以降に生まれたカラーチャートとは異なる、数値化できない「始原の色柄」を目指したものです。
これは、今この時に見えている一瞬を形にした、原始的で再現性の無い、ひとつの記録のようなファブリックです。