Harikae

Fabric image : 2021SS

Abstract distance

Abstract distance
Recently, I've been in the atelier more often, and now I can see the scenery from the windows. The trees, sky, and light I saw there were the usual scenery I often saw, but they were very gentle and beautiful. The 21SS collection started from such a landscape.
Space Nature: Space nature, spatial nature.
Space is used not only to mean a region such as space or space, but also to indicate a specific place such as the universe outside the Earth's airspace.
Nature generally means untouched nature such as mountains, rivers, and the sea, but it also includes the basic nature of human beings and the essence of things.
The two graphics used in the 21SS collection are a refinement of the small nature seen from the atelier.

抽象的な距離
最近はアトリエに居る機会が増え、窓の風景をよく眺めるようになった。そこで見ていた木や空や光はよく目にしていたふつうの風景だが、とても優しく美しかった。そんな風景から21SSコレクションがはじまりました。
Space Nature:宇宙的自然、空間的性質。
Spaceとは、空間や間といった領域的な意味に加え、地球気圏外の宇宙といった具体的な場所を指し示す場合にも使用される。
Natureとは、山や川、海など人の手の加わっていない自然という意味が一般的ですが、人間の基本的な性質や物事の本質といった意味も含んでいる。
21SSコレクションで使用した2つのグラフィックは、アトリエから見える小さな自然を撮影し、リファインしたものです。

One is a rock surface like the moon shining in yellow gold, and the other is a strange landscape that is not found in everyday life, with green dancing in a black space. Both graphics are spring osmanthus that were visible from the atelier, but they are nature that does not actually exist.
From the scenery we were seeing nearby, we imagined nature as if it existed in a distant universe, and redrawn the photographs graphically.

1つは月面のような岩肌がイエローゴールドに輝き、もう1つは黒い空間の中にグリーンが舞う、日常にはない異質な風景です。どちらのグラフィックもアトリエから見えていた春の金木犀ですが、実際には存在しない自然です。
わたしたちは、近くで見ていた風景から、遠く離れた宇宙に存在しているような自然を想像し、写真をグラフィカルに描き直しました。

From 2020, the world has changed to a world where people and places are strongly conscious of physical distances.
Keep a certain distance from people offline, and share a place online regardless of distance.
New everyday life is changing the modern values ​​of distance.
In the future, various technologies will be born to solve the problem of physical distance, regardless of whether it is short or long distance.
In contrast to such physical distances, 21SS "Space Nature" tried to think about abstract distances. About invisible distances that don't really exist.
An invisible landscape seen from the atelier.
A landscape that is near but far away, but does not exist.

2020年を境に、人や場所といった物理的な距離を強く意識する世界に変わりました。
オフラインでは人と一定の距離を置き、オンラインでは距離と関係なく場所を共有する。
新しい日常によって、距離における現代の価値観は大きく変化しています。
今後、近距離や遠距離に関わらず、物理的な距離の問題を解決する様々なテクノロジーが生まれてくるはずです。
そうした物理的な距離に対し、21SS ”Space Nature”では抽象的な距離について考えようとしました。実際には存在しない、目に見えない距離について。
アトリエから見える、見えない風景。
近くにあるけれど遠くにあるような、けれど存在しない風景。

We tried to shape the abstract distance we see in our imagination by overlaying the distant universe on the nearby landscape. Due to certain restrictions, I saw something that I couldn't normally see, and began to think about distances that I hadn't been aware of before.
Seeing, listening, speaking, writing, and new everyday life change communication.
Thinking about abstract distances through clothes has given us a little different communication, forgetting the physical distances and reassuring us a little.

わたしたちは、近くの風景に遠くの宇宙を重ねることで、想像で見る抽象的な距離を形にしようと試みました。ある制限によって、普段は見えていなかったものが目に入り、今まで意識していなかった距離について考えるようになった。
見る、聞く、話す、書く、新しい日常はコミュニケーションを変えていく。
服を通して、抽象的な距離を考えることは、物理的な距離を忘れ、わたしたちを少し安心させながら、いつもとは少し異なるコミュニケーションのきっかけとなった。